フィボナッチリトレースメントの波

FXで重要なテクニカル指標であるフィボナッチリトレースメントですが、結構自分の好きなところに適当にひいている方が多いかと思います。

僕がよく見ているマヨ晴れさんも結構目立つところに引いているし、有名配信者もあまり意識はしていないみたいです。

ただ、この間購入した有料noteの解説では、フィボナッチには明確なルールがあって、誰が引いても同じところに引けなければダメだと力説されていました。

noteで解説されていた重要なルールとしては、トレンドラインをブレイクした波でひく。

フラクタルが発生している頂点で引く。

フィボナッチは1.618を達成したら削除しなければいけない

フィボナッチは0を下回ったら削除しなければいけない

フィボナッチは押しが深ければゴールは1.618ではなくなる

フィボナッチは押しが浅ければその1.618を目指してから深い押しをつくるなどの特殊ルールが多く、世間に広まっているフィボナッチの使い方とは全く違うものでした。

ただフィボナッチの勝率って検証しても引き方によって変わるから、こういう風にツールが固定化できるというのは勝率を出すにあたって大事だとは思います。

定義付けをちゃんとするということですね。