転職活動をする時の注意点について

転職活動を、働きながらしている方がいますが、そんな時に注意すべきことは何でしょう。もしも転職をするならば、収入を途切れさせないためには、転職先を決めてから退職の手続きをしたいものです。在職中に転職活動をする場合、面接に行けないことがあります。書類審査をクリアしても、その次の面接を突破することが出来なければ話になりませんので、面接日はスケジュールの都合をつけなければいけません。有給を上手に使うことができれば良いのですが、業務が立て込んでいては難しいかもしれません。今、転職活動を進めているという話題は、勤めている会社に対してうかつに口にすると、支障が出るおそれがあります。自分が転職活動をしていることを上司に知られたくないなら、会社の人には誰にもこの話をすべきではありません。転職活動をしていることが上司に知られると、引き止め工作をはかられたり、仕事量がいきなりふえたりという可能性も出てきます。社内の人間関係にも影響があり、もし転職するのをやめた場合に気まずくなってしまいます。転職活動に成功し、内定が出たら、いつから仕事を移るか決定します。今の会社に退職願を出してもすぐに受理されるかどうかわからにというのも注意点です。転職活動を円滑に行うためには、退職届を出してから実際に退職するまで、引き継ぎに必要な期間を見越して1カ月は必要になります。
テックアカデミー 評判