過度な手荒れとアルコール消毒で手荒れがヒドイ…

過度な手荒れとアルコール消毒で手荒れがヒドイ…
冬の乾燥で手が荒れるのは毎年のことですが、このところ過度な手洗いとアルコール消毒のせいか手荒れがすごいことになってきました。
ここで自分の画像をアップしたいのですが、あまりに酷いのでやめておきます…。
一応病院に行って処方されたクリームを塗ったりしているのですが、一向に良くならず数か月も手がヒリヒリと痛い状況が続いています。
そんな時、母に勧められたハンドクリームが、すごく良かったので紹介したいと思います。
シロジャムって名前のハンドクリーム(ジャム?)なのですが、手がしっとりして段々と手荒れが治ってきました。
母が何故このシロジャムを使ってるのかは知りませんが、薬局などでは売ってなくて通販サイトでしか購入できないとのこと。早速定期便に申し込んで使い続けることにしました!
シロジャムは口コミでも評価が高く、同じように手の乾燥やあかぎれで悩んでいる方に支持されているようです。
お値段も安いし、病院の薬より私は効果があったのでしばらくリピし続ける予定。
もちろん、手だけじゃなく首や顔にも付けることができます。
手や顏以外にもスキンケアをしたい箇所って沢山ありますよね。
私はニキビもよく出来るのでハンドケアと同時にスキンケアの勉強は欠かせません。
ニキビや吹き出物などができてしまうのは顔だけではありませんよね。実を言うと吹き出物とは、いらない熱がこもっている箇所に発生しやすいです。
ですので、顔、背中、それから首など上半身にはニキビができやすいわけです。
吹き出物を発見したら、市販されているニキビに効く薬を薄く塗るといいです。
ですが、この方法で吹き出物が治ったとしても根底から改善するのであれば別の面からのアプローチする必要があります。それは、生活スタイルの見直しです。
食生活は偏りがないように配慮しバランスを考えて食べるようにする。普段から外で食べることが多い方などは野菜類を意識して食べるようにしてください。それから、早寝早起きするといった規則正しい生活をすることが不可欠になります。
ニキビや吹き出物の対策にはあらゆる方策があります。
吹き出物に直につけるスキンケア用品といったものもさまざまにあるんですが、やはり吹き出物をケアするためには、はじめは朝晩の洗顔を忘れないようにすること、これがケアの第一歩となります。
合わせて、汗をたくさんかいたときも顔を洗うのをしっかりした方が良いですね、それに吹き出物ができやすいタイプの方、あるいは今まさにニキビが嫌な方なんかは髪がお肌に触れないよう、アップスタイルにするなど、髪型を工夫してみましょう。
体内からのケア方法としては、ビタミンCやビタミンB群が含まれている食材を中心に摂取することも吹き出物のケアには効き目があります。
摂取しても効果を期待できるビタミンCなんですが、実のところ塗布しても効果があるんです。ただし、ビタミンCを多く含む食べ物、代表的なもので言うとレモンなどですが、レモンを直にお肌につけるということじゃないんです。逆に刺激が強すぎるのでこれは絶対にだめです。
よく見る、美白を売りにしたスキンケア製品には、ビタミンCを含んでいるものが多いです。
ビタミンCには炎症を抑えてくれる作用があるんです。
なので、しっかりと洗顔した後は、ビタミンC配合のスキンケア製品を使用してのお手入れもとってもお勧めです。
ほとんどの方が毎日ハンドケアすると思います。日毎行う手荒れ防止ですが、手を濡らし洗うのでは損しているのです。手洗い前のものすごく簡単な少しの手間でより一層ツヤツヤしたきれいな手になれるんです。
ハンドケアとヘアケアはよく似てます。
最初にもちろんブラシで髪をとかします。この工程は湯に入る直前にやるのがいいです。
髪をとかすの働きは髪のからみを取り除くこと、そして既に抜け落ちた毛を取り除くこと、なのですがこうすることでシャンプーがスッと馴染んでくれます。
ブラッシングする際は絶対に毛が濡れる前に行うようにしてください。
濡れた髪はキューティクルが開くので髪同士で摩擦を起こします。
その時にブラッシングしてしまうとさらなる摩擦させてしまい髪にダメージを与える元になるからです。ですから、この工程は風呂に入る直前にやるのがいいんです。
シロジャムを使ってハンドケアとブラッシングが済めば、二つ目のすることに入ります。いつもと同じに髪を濡らすのはもOKですが、この髪を濡らす工程をちょっと長く時間をかけて髪を濡らすというよりはお湯で髪を洗う感覚で行います。
頭皮から出た油分は落とせませんが、それ以外のごみやほこりなどはほとんど洗い流せます。