酵素と病気

酵素不足はがんを引き起こす原因になるとも言われているのです。
人間は栄養を摂らなければ生きていくことができないことは誰でも分かっていることで、人間はタンパク質と糖質と脂質の三大栄養素に加えて、ビタミンとミネラルと植物繊維をバランス良く摂取することにより生命を維持していると言っても過言ではないのです。
これに水と酵素を加えて、人間は生命を維持しているのです。
酵素というものは人間の体の中にもともと存在している物質なのですが、しかし、一生のうちに作られる酵素の量には限りがあるために、酵素を外部から摂ることが必要となり、酵素を多く含む生野菜や果物や発酵食品を摂ることが減っている現代人は、特に酵素不足となっていると言われているのです。
酵素不足になると便秘や肌荒れの他にも脳梗塞や心筋梗塞や糖尿病などの大病になる確率が高まると言われていて、がんになる確率も高くなると言われているのです。
酵素不足ががんの原因になるにはいろいろな理由があって、酵素は栄養を体に取り入れて体を形成するにも、体の中の老廃物を排出して病気を治すにも大きく関わっている物質で、人間の体の中には数千種類もの酵素があって、酵素がなければ私達人間は体を動かすことも物を考えることも、食べ物を消化することも吸収することもできないということになり、がんなどの病気になるばかりではなく、生きていくこと自体ができないということになってしまうのです。
酵素が人間の体からなくなってしまうということは、人間の死を意味することになってしまうのです。